大会概要

 
 

日本初!ドローンで撮る、世界遺産・三角西港
 
2015年、世界文化遺産に登録された「三角西港」。
かつては明治日本の産業革命を支え、世間を揺るがした熊本地震にも負けず、そこにあり続ける街のシンボルはわたしたちに希望を与えてくれます。三角西港は、日本が、熊本が、宇城市が持つ「強さ」「美しさ」の象徴なのかもしれません。
 
わたしたちを魅了してやまない三角西港を世界に発信する新たな試みが、「DRONE CHALLENGE in三角西港」です。
ドローンが捉える映像すべてが、三角西港の新たな魅力。その魅力を見つめ、高めていくのは、大会に名乗りをあげるチャレンジャーのみなさんの技術力と想像力です。
チャレンジャーのみなさんが創り出すプロモーション映像を通して、まだ誰も見たことのない三角西港の姿が、海を超え、世界に誇れる場所として名を馳せていくことを願います。
 
「DRONE CHALLENGE in三角西港」は、三角西港完成当時の“期待”と“喜び”を蘇らせ、その強さと美しさを世界に発信する「港」を目指していきます。

 
 

■開催日時  平成28年9月24日(土) 10時~18時 
※雨天の場合は、中止とさせていただきます。
■参加者募集期間
(申請書類提出期限)
平成28年8月26日(金)まで ※当日消印有効
■開催実施概要

ドローンを活用して、
世界遺産“三角西港”のプロモーション映像を撮影する大会

日本中からドローンユーザーが集まり、三角西港を会場に、
三角西港を世界に発信するプロモーション映像を撮影する。
参加者からお応募された映像は、大会後に大会側で制作する三角西港公式プロモーション映像の素材として活用される。

■プロモーション映像テーマ

「世界に誇る、三角西港の“強さ”と“美しさ”」

明治時代から現在まで、宇城市の時を記憶する三角西港。
産業の急速な成長を支え、日本と世界をつなぐ港として強く時代を生き抜いた港。
現在も開港当時のまま残る洋風建築の建造物や石積み埠頭、三面の石張り用水路などの美しい景観。
三角西港のもつ“強さ”と“美しさ”を動画で表現してください。

■参加メリット ①大会当日、指定エリアでドローンをおもいっきり操作できる
②被写体は世界遺産
③撮影した映像が、世界に発信される三角西港公式プロモーション映像に活用される
■応募参加数 18組 ※1オペ・2オペどちらでも参加可能です
■参加費 3,000円 ※当日の受付時にお支払い頂きます
■賞品

1 最優秀賞 1本
   ①龍驤館(りゅうじょうかん)(国登録有形文化財)内のモニターにて放映
   
※現在放映しています県制作の県内世界文化遺産紹介映像とセット
   ②ドローン最新機種

2 優秀賞  2本
   ①龍驤館(りゅうじょうかん)(国登録有形文化財)内のモニターにて放映
   ※現在放映しています県制作の県内世界文化遺産紹介映像とセット
   ※放映期間:放映開始から1年間
   ②季節の特産品セット(5000円分相当)
   ③お持ちの機体のバッテリー1本

3 宇城市長賞 2本
   ①映像部門 ②BGM部門
   ①・②それぞれ季節の特産品セット(5000円分相当)
   
   ※②BGM部門は、最優秀及び優秀賞とダブルで受賞の可能性あり。

■結果発表 当ホームページで平成28年10月末頃発表します。

■主催

 

 

熊本県宇城市

■企画・運営

合同会社スカイスフィーダ


運営事務局からのお知らせ

  1. a1130_000326_m

    一般審査(投票)が始まりました!!
  2. m03

    USTREAMでのライブ配信を行います
  3. 021

    参加者募集期間の延長に関して!
  4. 03

    賞品が決定しました!
  5. doc20160726090059_001

    大会参加賞が決定しました!
  6. m03

    参加申し込み受付開始
お知らせ一覧

協賛企業一覧

協賛企業一覧

会場案内

 

■公共交通機関でお越しの方
  JR三角線『 三角駅』で下車、東港桟橋付近の乗降車場よりシャトルバスで約10分
 
■お車でお越しの方(観覧者)
  東港にお車を駐車して頂きましてシャトルバスをご利用ください
  ※駐車台数400台
 
■お車でお越しの方(大会参加者)
  会場となる西港の第4駐車場をご利用ください

 
 

〒869-3207 熊本県宇城市三角町三角浦

PAGE TOP